リゾート地で働くこと|仕事探しはランスタッドで決まり!評判が良いから安心して探せる

仕事探しはランスタッドで決まり!評判が良いから安心して探せる

男の人

リゾート地で働くこと

メンズ

リゾートで働く心得

リゾートバイトと聞くと、仕事のかたわらウィンタースポーツやマリンスポーツを楽しめる、または素敵な出会いがあるなど、楽しいイメージを持つ人も多いと思います。ここでは、大学時代の夏休みにリゾートバイトに挑戦しようと思い立ち、とある県の山間部にある温泉付きペンションで1か月働いた私の体験談を紹介したいと思います。なお、あくまでこれは私の体験談ですので、参考程度に読んで下さると幸いです。リゾートアルバイト雑誌で目についた温泉付きペンションの「一緒にパンやクッキーを作りましょう」という広告に魅力を感じ、採用され現地に行きました。結論から言うと朝6時から夜23時まで食事や掃除といった業務に追われ、パンやクッキー作りをする時間はありませんでした。そこだけ考えると残念な体験談ですが、見方を変えればペンションを運営するための創意工夫を学んだり、自らが利用する時のマナーを考える機会になり、とてもよい経験だったと思います。これからリゾートバイトをしようと思う方は、自分の楽しみがあればラッキーだと思うくらいにして、新しい経験を増やせる場として考えたほうが納得がいくと考えます。

さらに詳しくお話します

リゾートバイトに挑戦しようとする時は、自分の楽しみはおまけであると考えたほうが良いと、私の体験談からお話しました。さらに業務の詳細についてお話をします。まず勤務時間ですが、朝6時から23時までの交替制で、昼から4時半ぐらいまでの休憩がありました。休みはそもそも丸一日の休みはなく、週1回ぐらい朝にオーナーが近くの観光地に連れて行ってくださり、午後からは食事準備などのルーチン業務に入りました。住居は住み込みのような感じで、オーナー宅の一間に二人での寝泊まりでした。食事については、朝夕はペンションでお出しする料理をワンプレートに盛ったもの、昼はある材料で適当に作ってと言われ炒飯やカレーなどをバイトメンバーの分料理して食べました。気になる報酬ですが、1か月後にいただいた給料が15万円だったので、日給換算すると5、6千円でした。それまで飲食業は未経験だったにもかかわらず、慣れない仕事ながらもオーナーからいろいろと頼りにされていました。簡単な調理や家事ができれば、それほど高いスキルが無くてもできるバイトだと思いますし、リゾートバイトでスキルを磨くという手もあると思います。